現地採用なら給料は上手に交渉を、高すぎもNG

マレーシアにて働くという場合、駐在員という立場であれば日本の企業の基準に沿ってお給料が支払われますし、それに海外手当などのプラスアルファが加わりかなりの高額なお給料金額になったりもします。

それと比べますと、基本的には現地採用の方がお給料金額は安くなります。

ただし、現地採用であっても現地のマレーシア人に比べて日本人のお給料というのは何倍も高い金額なのです。

これは、日本人が不足しているという実情からであり、まだまだこれからもマレーシアに進出する企業が増えることが予想されますのでマレーシアでの就職や転職を考えているという方にとってはチャンスではないでしょうか。

マレーシア人の中にも、日本語を勉強して話すことが出来るという方はたくさんいるのですが、それでもやはり日本人と同じレベルで使いこなせるという方は少ないですし、日本人のように細かい作業をすることが出来るという方もあまり居ないということで、日本人のお給料金額は現地マレーシア人よりも高く設定されているのです。

現地採用として働くという場合には、お給料や待遇面などは企業と交渉の上決められていくことも多いので、ある程度現地での給与水準を知っておくことが大切です。

まったく知らないでいると、本来の相場より安い金額で契約してしまうということも考えられますから注意しておきましょう。

逆に高すぎで交渉すると「この人は自分の仕事の価値をわかっていない」と思われてしまう事もありますから、それも注意です。

各それぞれの業種によって、大体のお給料金額の相場というのは知ることが出来るはずです。

Comments are closed.