マレーシアでの服装のことや気候など

マレーシアの国土は日本の約9割で、その国全体が赤道に近いため、一年を通して常夏の気候となっています。

つまり、いつ行っても暖かいのです。

ただ、雨がかなり多く湿気があるのが特徴で、スコールというにわか雨もよく降ります。

また、マレーシアはイスラム教国ではありますが、旅行者に服装の制限はありません。

それでも、マレー半島東海岸北部は宗教色がかなり強いので、ここでは服装に注意が必要です。

観光に行く場合はモスクに行くこともあると思いますが、その際もあまり露出した服装をしないようにしてください。

スカーフを義務づけられているところもあるので、予め調べて行ったほうがいいと思います。

服装に特に気をつけなくてもいい場所にいれば、あとは過ごしやすい服装でいれば大丈夫です。

例えば、気温と湿度が高い国であることから通気性のよい服を着たほうがいいですし、赤道近くということで日差しはかなり強いので日焼け止めは必須です。

日本とマレーシアは時差が1時間ほどしかないので、時差ぼけはほとんどせず楽しめると思います。

また、気になるのは飲み水に関することかもしれませんが、そのままでは飲めなくても沸騰させれば大丈夫です。

ただ、不安ならミネラルウォーターをお勧めします。

Comments are closed.