clcマレーシアでの就職や転職をするならば、まず仕事先を探すためには人材紹介会社に登録をするのが何よりも手っ取り早い方法だと言えるでしょう。

ご自身で直接気に入った企業に応募しても問題はないのですが、やはりマレーシア全体の就職についての最新情報を把握している人材紹介会社に話を聞くというのが失敗しない方法かと思います。

世界各国の仕事を紹介している会社、アジアに強い会社、その他のエリアに強い会社、またその会社が長い歴史を持っているのか、大手企業なのかなどによって扱っている案件数も違ってきます。

求人案件の質も異なってくるでしょう。マレーシアでの仕事を探すのであれば、マレーシアに強い人材紹介会社を選びましょう。

特にマレーシアでの就職や転職情報に強いとされているメジャーな人材紹介会社は、「JACリクルートメント」、「桜リクルート」、「CLC RECRUIT」といったところが挙げられます。

ウェブサイトも日本語で閲覧が出来ますし、どの会社も日本人の担当者がいるので日本語でやり取りをすることが可能です。

最初にウェブサイトの登録フォームから、ご自身の今までの経歴や持っている資格、スキルなどを送信して面談の日程を調整していきます。

面談のためにマレーシア現地に出かけるというのも良いですし、それが無理であればスカイプや電話での面談もできるようですから心配は要りません。

◆仕事だけでなくマレーシア移住も魅力的ですね。そんな方は以下のサイトをご覧ください。
マレーシア求人移住サポーター
も参考になります。

Read more

マレーシアで仕事をされている日本人の多くが、コンドミニアムに住まわれております。

コンドミニアムというと、超高級住宅というイメージがあるかもしれませんが、マレーシアでは日本人がもらっているお給料金額であれば問題なくコンドミニアムに住むことが可能なのです。

駐在員の方はもちろんですが、現地採用の方のお給料でもなかなか良いところに住めるというのが非常に嬉しい点ではないでしょうか。

日本円に換算すると家賃が安く思えるかも知れませんが、大体のコンドミニアムにはプールやトレーニングジム、テニスコートなどが併設されています。こういったところに、1,000RMから2,000RM(日本円でおよそ30,000円から60,000円程度)の家賃で住めてしまうのです。

クアラルンプールには、非常にたくさんの高層コンドミニアムが建っており、もともとはホテルのスイートルームとして使われていたお部屋を家具などをそのままつけた状態で貸し出ししていたり、有名なツインタワーを臨むことが出来る絶景のプールが付いていたりなど、内容はさまざまです。

コンドミニアムを借りるという際には、日本人向けに日系不動産会社を通して契約することも出来ますが、日本語で契約が出来るというという安心はあっても仲介手数料が割高になる傾向にありますので、その部屋を所有しているオーナーさんと直接個人的に交渉をしていった方が良い条件で借りられることもあるのです。

Read more

マレーシアにて働くという場合、駐在員という立場であれば日本の企業の基準に沿ってお給料が支払われますし、それに海外手当などのプラスアルファが加わりかなりの高額なお給料金額になったりもします。

それと比べますと、基本的には現地採用の方がお給料金額は安くなります。

ただし、現地採用であっても現地のマレーシア人に比べて日本人のお給料というのは何倍も高い金額なのです。

これは、日本人が不足しているという実情からであり、まだまだこれからもマレーシアに進出する企業が増えることが予想されますのでマレーシアでの就職や転職を考えているという方にとってはチャンスではないでしょうか。

マレーシア人の中にも、日本語を勉強して話すことが出来るという方はたくさんいるのですが、それでもやはり日本人と同じレベルで使いこなせるという方は少ないですし、日本人のように細かい作業をすることが出来るという方もあまり居ないということで、日本人のお給料金額は現地マレーシア人よりも高く設定されているのです。

現地採用として働くという場合には、お給料や待遇面などは企業と交渉の上決められていくことも多いので、ある程度現地での給与水準を知っておくことが大切です。

まったく知らないでいると、本来の相場より安い金額で契約してしまうということも考えられますから注意しておきましょう。

逆に高すぎで交渉すると「この人は自分の仕事の価値をわかっていない」と思われてしまう事もありますから、それも注意です。

各それぞれの業種によって、大体のお給料金額の相場というのは知ることが出来るはずです。

Read more

現地採用という雇用スタイルでマレーシアにて仕事をするという場合、お給料の金額は駐在員よりは低いものになります。

しかし、現地のマレーシア人のお給料よりは全然良いということがほとんどですから、問題なくある程度余裕を持った生活を送ることが出来るでしょう。

現地採用として働く場合の企業というのはたくさんの選択肢の中から選ぶことになりますから、企業によって、そしてご自身の経歴やスキル、業種などによってお給料の金額には違いが出てきます。

ただし、現地で企業を選ぶ際には、お給料金額の相場を知ることが重要になってくるのです。

もしも相場を知らないまますぐに決めてしまいますと、足元を見られて安いお給料で雇用されてしまうというケースもあるからです。

マレーシアで直接現地企業と雇用契約を結ぶという場合には、採用時の交渉によってお給料金額が決まってくるということもありますので、まずいちばんさいしょのお給料交渉がとても重要になると言えるのです。

日本人は、現地のマレーシア人よりも最初からお給料が高めに設定されているため、途中で昇給するということはほとんど無いと言っても良いでしょう。

ですから、最初に指定された金額では納得が出来ないという場合には、交渉して上げてもらうということも大切になってくるのです。

現地の求人を募集しているサイトを覗いてみますと、お給料金額が公開されている案件もありますから、どの業種でどれくらいもらえるのかということをチェックしておくと安心です。

Read more

JACとはジャパンエージェンシーアンドコンサルタンシーの略で、転職をトータルでサポートするリクルートメントグループのエージェントです。

JACマレーシアとはそのひとつで1994年にクアラルンプールに設立されました。

日系及び現地企業と独自のルートでネットワークをつなぎ、常に最新の情報を入手しています。

オフィスには、日本語を始めとする複数の外国語に堪能な現地のスタッフが多く働いています。きめの細かいサポートでマレーシアで働く人材を求めている企業とのベスマッチングができるサービスを展開しています。

業種及び業界ごとに精通したコンサルタントが常駐しているので条件の良い職場に転職することができます。

特に日系企業に対するサービス提供に重点を置いていて、優秀な人材の紹介をしていることで高い評価を得ています。

JACマレーシアでは、転職紹介以外のサービスとして通訳者の派遣も行っています。

JACマレーシアをおすすめする3つのポイント

マレーシアへの転職先を探すのにJACマレーシアの利用がベストであると言われるのには、大きく3つのポイントが考えられます。

まずはコンサルタントの優秀さです。

単に求人案内を右から左へ紹介するだけでなく、それぞれの業種や職業について専門的な知識があり業界にも精通しています。

さらに地域に対する文化、生活習慣、風習などに対しての知識も豊富に持っています。

これによって、求人企業および求職者双方が満足できる結果を生んでいます。

このような優秀なコンサルタントはJAC全体で400名以上もいます。

2つめは、圧倒的な求人情報数の多さが挙げられます。

JACマレーシアではローカルな求人情報だけでなく、大手企業・外資系などグローバル業務展開をしている企業からの求人も多数扱っています。

世界中からの優秀な人材を紹介できるように取り扱い案件の約7割が非公開案件となっているのも特徴で、コンサルタントの判断によって、ベストな案件を紹介しています。

JACマレーシアだから求人を依頼したという企業も少なくありません。

求人数が多い理由は信頼と実績に裏打ちされているのです。

そして、3つめのポイントは紹介サイトへの登録から紹介までは無料で利用できるという点でしょう。

応募者が確実に書類選考にパスして面接までこぎつけられるように、個々に履歴書の書き方、英文レジュメの添削、面接のポイントのアドバイスなどのサービスも無料で行い、スムーズに内定に繋がるようにサポートをしています。

もちろん紹介した求人案件に対しての質疑応答も受け付けていますので、納得してから応募することができます。

Read more

マレーシアの国土は日本の約9割で、その国全体が赤道に近いため、一年を通して常夏の気候となっています。

つまり、いつ行っても暖かいのです。

ただ、雨がかなり多く湿気があるのが特徴で、スコールというにわか雨もよく降ります。

また、マレーシアはイスラム教国ではありますが、旅行者に服装の制限はありません。

それでも、マレー半島東海岸北部は宗教色がかなり強いので、ここでは服装に注意が必要です。

観光に行く場合はモスクに行くこともあると思いますが、その際もあまり露出した服装をしないようにしてください。

スカーフを義務づけられているところもあるので、予め調べて行ったほうがいいと思います。

服装に特に気をつけなくてもいい場所にいれば、あとは過ごしやすい服装でいれば大丈夫です。

例えば、気温と湿度が高い国であることから通気性のよい服を着たほうがいいですし、赤道近くということで日差しはかなり強いので日焼け止めは必須です。

日本とマレーシアは時差が1時間ほどしかないので、時差ぼけはほとんどせず楽しめると思います。

また、気になるのは飲み水に関することかもしれませんが、そのままでは飲めなくても沸騰させれば大丈夫です。

ただ、不安ならミネラルウォーターをお勧めします。

Read more

経済発展が著しい東南アジア諸国。その中でも今後の成長が期待できる国として注目を集めているのがマレーシアです。政治が安定していること、英語が普及していること、観光地としての人気も高まっていることなどの理由から国際的な経済成長が期待されています。

ではこの国でお店(店舗)運営の仕事をしたい場合にはどんな仕事があるのでしょうか、また求人における平均的な給料や待遇はどの程度なのでしょうか。

この国で急激に市場が拡大しているのがファッション関連です。国民が経済力をつけてきたことで女性からのニーズが急速に高まっており、ブラランドショップやアパレル販売などの仕事が多く見られます。もちろん、接客業が基本となりますから、接客が問題なくできる英語力が大前提となります。

それから飲食業。とくにカフェが人気です。都市圏ともなるとオシャレなカフェが多数見られるようになり、海外の大手チェーン店の出店も目立ちます。日本企業の出店も相次いでいるので仕事を見つけやすい分野かもしれません。日本食の人気が高まっていることもあり、日本食レストランの仕事を探すのもひとつの手でしょう。

なお、給料や待遇に関しては仕事先によってかなりバラつきが見られます。レストランやカフェでは月給20万円を超えるところもありますが、アパレル販売店などでは10万円台前半~半ばくらいのところも多く、給料と仕事のやりがいのどちらをとるか、選択が求められる面もあります。待遇に関してはどこもあまり差はみられないようです。

Read more

ホテル内にはたくさんの仕事があります。そして、全員でそれぞれの持ち場で専門職として働いています。そのため、新入社員が入社した場合には、研修期間を数日から数ヶ月設定して、ホテルでの仕事を覚えてもらいます。簡単にアルバイトできると考えている人もいるようですが、ホテルの仕事は、専門学校があるくらいなので、1日や2日で習得できるものではありません。即戦力を求める求人と、研修制度を設けている求人情報とがありますが、多くの場合は即戦力となっていますので、応募にあたっては必要とされるスキルや経験の確認が必要となります。

マレーシアの観光業界で働く場合のスキルとして、研修で習得できるものとできないものがあります。研修だけでばカバーできない必須スキルは語学力です。基本的には母国語と英語に堪能であることが必要ですが、世界中からの観光客を迎え入れることを想定すると、業務の内容にかかわらずできるだけ多くの言語に精通していると転職に有利になります。また、観光客はそれぞれ文化、習慣、宗教が異なっているので、接客する場合には、これらの知識を駆使したコミュニケーション力が求められます。国際感覚がある人、とっさの判断力に優れている人が適しています。

マレーシアのホテルで働く場合、たとえばゲストサービススタッフとして働くとすると平均的な給与は月に約9万円です。待遇として食事付き、滞在先・健康保険が完備という条件が一般的です。さらに、ホスピタリティー系の学位、必須条件の英語以外の語学の検定資格などに対して資格手当が支給されることも多いです。一般的に勤務時間は週48時間で、日本から働きに行く場合にはビザの期限があり、初期の段階では2年限定の契約となります。また、日本のホテルに就職してマレーシアに派遣されたような場合には、日本の給与体系に準じますので、収入はもう少しアップします。

Read more

①社会保険はどうなるか
マレーシアに限らず海外にロングステイする場合、生計の立て方によって保険の扱い方が異なります。日本国内の企業から長期で海外赴任をしている場合には雇用されている会社の厚生年金に加入しているので、マレーシアの社会保険精度に加入する必要はありません。マレーシアの企業に雇用されて働く場合には、雇用した企業が加入している社会保険制度に加入することになります。この場合、日本で国民年金や厚生年金に加入していた経歴があって年金の払込期間が25年未満の場合には、国籍が日本になっているのなら、二重負担になりますが将来のために国民年金を払い続けることは可能です。

医療保険のこと

海外で働く場合に心配なの健康管理です。ずっと健康で働き続けられれば気にすることはありませんが、万が一の病気やケガには備えておきたいものです。マレーシアに生活拠点を移して転出する場合には、現地で働く・働かないにかかわらず、日本の社会保険・国民健康保険からは脱退の手続きが必要です。もし、滞在に医療機関を受信した場合、再度日本に生活拠点を移した時に診療内容などの必要書類を提出すれば医療費の払い戻しを受けることができます。請求期限は2年間です。また、マレーシアでは日本のような医療費の負担をしてくれる健康保険制度はありません。そのため、医療機関を受診すると費用は100%負担ということになります。ただし、公立の病院では医療費の上限に制限があるので、個人病院より安い費用で治療を受けられます。外国人に関しては現地の人よりは高い請求率となっています。医療費が高額になった場合には、個人加入の生命保険でカバーできることもあります。

日本の年金

マレーシアでは年金で生活するつもりの場合、受給申請の手続きをします。海外転出届と同時に>年金の支払いを受ける者に関する事項用紙の提出が必要です。海外転出届は住民票のある市区町村に提出しますが、年金の支払に関する用紙は社会保険業務センターに提出します。持参・送付のどちらでも大丈夫です。受け取りを希望する金融機関は日本、海外を問いません。受け取りがし易い方を記載します。年金のみで生計を立てていても、受取額によって確定申告が必要です。

所得税の払い方

一方、海外での税金の申告は租税条約締結国の場合には現地で行うことができます。マレーシアは締結国になっていますので、日本での所得税の申告は免除になり、マレーシアの税法による課税になります。通常、日本での課税対象額は年金支給額から規定控除額を引いた金額ですが、マレーシアでは原則、年金所得は非課税となっています。年金以外の送金を受けた場合も、日本での課税対象となるので非課税です。このような点から、年金や不労所得で生計を立ててロングステイしている場合には、所得税の申告は必要ですが、非課税となるケースがほとんどです。そして、現地企業で正式雇用されていれば企業が申告をしてくれますが、パートなどで臨時で働ける権利を持っている場合、所得が35000リンギット以内ならば課税対象にはなりません。

Read more

マレーシアはとても環境の良い国ということで日本人にも非常に人気があります。

マレーシアでの就職や転職をキッカケに、これから先もずっと住み続けていきたいと思う方もいらっしゃることでしょう。

そうしたときには、就労ビザをたびたび更新するのではなく、永住権を持っていると手続きなどが楽になります。

ただし、日本人がマレーシアの永住権を取得できるかと言えば、マレーシアにはそういった制度がないので、それに近いビザを取得するのも良いのではないでしょうか。

永住権に近いマレーシアのビザというのは、MM2Hというもので退職者の方が取得できるものです。

他の国でも退職者に向けたビザを発給しているところもあるのですが、年齢が55歳以上などの制限があったり、きちんと日本の年金を一定額以上受給している必要があったり、というような条件があります。

しかしマレーシアの退職者ビザというのは20代の方であっても取得が可能ですから、実質的な年齢制限もありません。

個人申請をすることも可能ですが、スムーズにビザ取得をおこなうために手続きをサポートしている会社もあるので、心配な方は利用してみるのも良いかと思います。

更新手続きは10年ごとにおこないますので、頻繁に手続きが必要なわけでもなく永住権に近い性質を持っていると言えるのです。

しかし、これから先は制度が改正されていく可能性も否定できませんから、10年後に今までと同じように問題なく更新できるという保障はありません。

それだけがリスクであると考えられるでしょう。

Read more